メシと道草

管理人みーるが書きたいことを書きます。

やりもしないのに出来ないって言うな

何かを言い訳にして変わることを諦めていないか

今日は、自分が普段気を付けていること

というかこの4年間で学んだことについて書いていく。

 

信じてくれれば参考になる内容だと思うのでよろしくお願いします。

 

まず、今回なぜこれを書いたのかについて。

何かを言い訳にして自分を諦める人が多いと感じたからだ。

 

もちろん、夢は必ず叶うわけではなく、希望は必ず通るわけではなく、

努力の限界値はある。

 

でも夢や希望って何もせずずっと自堕落に言い訳をしていても叶わないし

無駄に思える努力だって必ず何かの役には立つんで

もっと自分を信じてもいいと思う。

 

今回は、夢とか希望とかの前に、

まず自己肯定感を上げること・自分を信じることについて書いていく。

 

私も実は最近まで、自己肯定感の低さに悩まされていた。

過去のブログを読めばそうなんだなと感じるかもしれない。

 

自己肯定感が低くて、毎日毎日消えたかった。

私は自己肯定感が低いだけでなく、頑固で、他人の意見を歪んで捉えていた。

 

自己肯定感が低いから、悪口を真に受けて死んだ方がいいと思ってしまう。

頑固だから、改善のための意見に耳を貸すことが出来ない。

 

同じような人は多いと思う。

特に学歴を積んで、自己肯定感が低い人だと今までの「変われなかった」が積み重なって、簡単な改善方法に耳を貸せないと思う。

 

私が頑固なのは小学校くらいからずっと自分のことに関しては

他人の言うことより自分の行動の方が正しかったからだが、

地頭がいい人ほどそうなりやすい傾向はあると思う。聡明にして賢明ならず。

 

はっきり言う。それは賢い生き方ではない。

自分に自信がないのに自分の意見には自信があって、他人の意見を頭ごなしに否定する。それは愚者の所行である。

 

ここで、自分に自信がないのに自分の意見には自信があるような人などいないだろう

という人がいるかもしれないが、このタイプは自分と自分の意見を切り離しているので特に学歴社会には多いように思われる。

 

加えてこの場合には、自信のなさは勉学以外のことに起因する。

コミュニティによって何に自信がないかについては変わってくるが

大学受験を経た友人たちだと恋愛や容姿に自信がない場合が多く見受けられた。

 

まだ前置きが続くのだが、

「自己肯定感が低いっていうのは当てはまるけど、当てはまらないこともあるし、

自分は頭ごなしに否定するタイプではないから自分のことじゃないだろう」

と思っている人がいるかもしれないが

 

他人の第一声を否定しているということに気付いてない場合もあるので

まあ最後まで読んでみてほしい。

 

具体的な方法について

自己肯定感を高めるためには何をするか。自分を信じることである。

 

自己肯定感がないから自分を信じられないんだよ、と言う人がいるだろう。

その通りである。

 

その通りだから、この場合、自分を信じるために

「自分を信じるための行動をとる」ことをするといい。

 

例えば容姿に自信がなかったら毎日鏡の中の自分に

「今日も素敵だね」と声をかけるといい。

 

やせられないのだったら、鏡に向かって「やせてきたね」だ。

 

なんとなく自分が嫌いなら、鏡に向かって「自分が好き」と唱える。

 

簡単なことだが、今これを読んでいる君は馬鹿馬鹿しいと思ったかもしれない。

でもこれは0円でできる割にはかなり効果的な方法だ。

 

なぜなら、今紹介したものは全て脳を騙すための魔法だからだ。

脳は簡単に騙される。その証拠に私たちは錯視をする。

トリックアートと本物を見分けることが出来ない。

 

これを読んでいる人間たちも騙されたと思ってやってみてほしい。

因みに鏡に映る時は笑顔で、背筋を伸ばして行う。

呪文は声に出して唱える方が効果的だ。

視覚と聴覚にも脳を騙すことを手伝わせることができるから。

 

難しいとは思うが、心から効果があると信じてやってほしい。

魔法を解く最大の呪いは疑うことだから。

 

 

なにより大事なこと

最後になにより大事なことを書いていく。

 

私は脳の錯覚によって考え方を変え、今は自己肯定感の低さから脱却しつつある。

そんな私が最後に言いたい大事なことは、

なぜ自己肯定感の低さが生まれたり、未来のことが不安になるか、だ。

 

おそらく脳にいらないことを考える余裕があること と、

脳が栄養を取れていないことで短絡的になっているのが原因だ。

 

自己肯定感が低かったり、何か漠然とした不安に襲われていたりする人は

充分な睡眠を取り、栄養バランスのいい食事をし、太陽を浴び、体を動かしているか

1つでもやってないことがあったら、改善することをおすすめする。

 

一日のエネルギーは過不足があってはならないのだ。

なぜなら脳が正しく機能しないから。

 

毎日、多くの時間を意識的に過ごすことで余分なマイナス思考が入らないようにするのも大切だ。

これには、TO DOリストなどのノート術を活用することが私の性には合っていた。

このような毎日の記録が目に見える形で蓄積されていくことによって

できることも増え、自己肯定感や自信が育っていく。

 

ここまで読んで、「でも自分の悩みと寝ることは関係ないし寝ても悩みは解決しない」

と言う人もいると思うが、なぜやってもいないのに頭ごなしに否定するのだろう と

疑問である。

 

今回紹介したことは全て0円でできるようなことばかりだ。

実際に私も効果があったから書いているのでまずは疑わずに試してほしい。

直接的に悩みは解決しなくても、脳の働きが良くなることで何か解決方法が出てくる場合もある。

 

考え方を変えることは悩みの解決に絶対必要だ。

変わる覚悟もなく他人を否定していても状況は変わらない。

 

 

あとがき

今回は、必要なことをなるべく分かりやすく紹介した。

疑う人のためになぜ効果があるのかも書いたつもりだ。

読んでくれた人の人生が少しでも好転することを願う。

 

この記事を書くために私は5冊ほどの本と、自分が実際に受けたカウンセリングと、精神科医による診察を参考にした。

 

カウンセラーと精神科医はどちらも

「まずは規則正しい生活をして栄養をとること」が大事だと私に言った。

当時の私は、おそらくこれを読んでいるひとのように、そんなことでは悩みは解決しないと思ったし、本を読んでそうなのだろうと悟るまで実行もしなかった。

 

悩んでいるほど、頑固な私のような無駄な時間を自堕落に過ごしてほしくないので

今回の記事を参考にしてくれると嬉しい。

みーるてゃ一日一動画

ツイッターのお悩み相談

今日は私がツイッターに流す140秒の動画について軽く綴っていきます。

 

きっかけはなんとなく20秒くらいしゃべっている動画を撮って流してみたところ、ある程度反響があったことです。

 

その後しばらくは自分の近況を話していたのですが、ある日ネタを募集してみてはどうか

というお便りをいただき、今に至ります。

 

最初は自分のことを答えるタイプが多かったのですが、何を思ったのか皆さん相談ばかり投げてくるので今はお悩み相談動画のようになっています。

 

それで私のことを良かれ悪かれ「毎回正しいことを言ってると思い込んでる人間」と思ってる層が一定数いそうだなと思ったので、今回違うよ、と書きました。

 

結論から言うと、今も始めた当初も私の動画は私の為にあります。

 

私が楽しいからやるし、楽しくない気分の時はやりません。そしてもちろん95%は完全な主観で話しています。

 

もちろん、人間が特別嫌いというわけではないしどちらかというと博愛主義なので、相談にのることで少しは相談者が楽になればいいなと思っています。

 

で、私が言いたいのは

あくまで私の動画はアドバイスにしかならない

ということです。

 

なぜなら私はこの21年生きてきた、学んできた知識や経験を自分の主観として話しています。

そして人生は全ての人が全く同一ではない。

 

つまり、私の提言に対しても、合う・合わないがあります。合わない時は切り捨てて、合う時は自分の行動の弾みをつけるために利用してください。

 

正直140秒は少なく、文字で補足しても私の語彙力は貧弱なため限界があります。

私も全てではなく140秒分しか話しませんし、文字だけだと誤解を解くのも難しいです。

 

なので合うなと思っても全てを鵜呑みにして私に貴方の人生を丸投げするのは得策ではないです。

 

また、合わないからといって私を批判するのも若干見当違いかなと思います。

 

これについては、実社会でも言えることなのですが、では、情報の伝達について少しだけ話して終わりにします。

 

まず話し手と聞き手がいて

Aということについて話しているとします。

 

しかし、話し手が聞き手に対して語る内容には恣意的要素(α)が入るので伝える情報は

A+αとなります。

 

また、聞き手も自分の経験などによって恣意的に解釈して理解する(β)ので、聞き手に伝わる情報は

A+α+βとなります。

 

この誤解を解くためにはできるだけ恣意を無くさねばならず、その為には話し手と聞き手が持っている意思・前提を均一化する必要があります。

 

なので、完全に相互理解の状態になるには

情報伝達の前後にじっくりと話し合うことが必要になるのです。

 

ここで私がアドバイスとして言いたいのは

自分の恣意的解釈が入った伝達情報から話し手を批判するのは間違っているということです。

 

発信者・受信者間の攻撃には色々な種類がありますが、伝達された情報(特に人生観などの話し手特有の情報)へ批判しても、前提が違うため、お互いに相手が理解できない状況に陥りやすいのです。

 

完全な相互理解ができたら人間関係はもっと簡潔に進むのですが、人間が多様で意思があるので難しいですね。

 

この発信情報と受信情報の差は覚えておくと

心が安定して会話にイライラしなくなって便利だと思うので頭に入れておいてもいいかなと思います。

 

人間の五感も思考も共有できないからこそ

私たちは個人として生きていけるけど

共有できないからこそ大変ですね

というお話でした。

 

最後に

用語を統一しなくて分かりにくかったらすいません、とだけ補足しておきます。

 

おわり。

ダイエット成功体験

痩せる、ということ

今回は2週間で約2kg・体脂肪率は約3%落とした記念に書いてみる。

 

といっても、去年6kg痩せて、その後ゆっくりと3キロ戻してしまったので

去年からみるとトータルでも−5kgであり、

今回はリバウンドした分を落としているだけである。

 

私はダイエットについて、簡単に考えている。

全然難しいと思っていないし、実際ダイエット中にストレスを感じたことはない。

 

ではなぜリバウンドをしたかというと、去年のルームシェアによるストレスであり

それ以降痩せようと思わず過ごしてきたため、リバウンドしたままだった。

 

では、なぜ私がダイエットは簡単だというのか説明していく。

 

①食事は娯楽

 最初にして最大なのはこれ。食事は娯楽である。

 事実、一日中外にいても私は対してお腹を空かせない。

 この理由は、食べることに執着がないからだ。

 そして実は私は美食家である。

 つまり、お腹が空いたからと、ファストフードを食べるよりも

 計画的にステーキや海鮮を食べる方が好きなのである。

 

②運動が習慣化している

 2つ目にこれをあげる。私は運動を習慣化している。

 大変な運動だと続かないので簡単なものから始めた。

 最初の20日は腕・腹・太ももの筋トレを20回×1セットだけ。

 20日欠かさずできるようになってからは

 ボトルあげ15回×3セット(左右)・腹筋15回×3セット・スクワット15回×3セット

 を3日でローテーションしながら行なっており、次の20日で負荷を増やすか考える。

 ちなみに、土日は筋トレはおやすみである。

 運動が習慣化していると、ダイエットへのモチベーションが維持しやすい。

 

③何度も痩せたことがある

 意外と重要なのがこれである。私は、

 10kgの減量→2kgのリバウンド→6kgの減量→3kgのリバウンド→2kgの減量

 というようにダイエットとリバウンドを繰り返している。

 そしてどのリバウンドもダイエット中に起こったものではない。

 つまり私の脳は、「何度太っても痩せることができる」と思い込んでいるのだ。

 結果が出るのがわかっているからストレスにならない。

 結果が出ると知っているから頑張れる。

 

よく、バランスの良い食事を摂って、規則正しい生活をして、運動をして

「正しく」痩せなきゃダメだよ、という人がいる。

これはその通りだし、実際そうでない痩せ方をしたら見苦しい体型のままだ。

 

しかし!デブは食事・睡眠・運動の全てがめちゃくちゃな場合が多い。

そんなデブが自分だけで全部を直すのは、はっきり言って無理である。

 

そこでオススメなのは短期間だけ頑張ってみること。

自分が、一番痩せやすいホルモンの時期を狙って1週間だけ・3日だけ頑張ってみる。

体重だけなら間食をやめて食事量を制限すればすぐ落ちる。3日で0.5 kgは落ちる。

一回痩せたらあとは正しい方法でダイエットをすれば良い。

最初のお試し期間は不健康であろうが、減量だけに終始すれば良い。

 

 

 

 

 

終わりです。

外見と中身

女は見た目で許される

今日は嫌な気分を思い出したので

なぜ私が外側を整えることに固執するか

それを書いていこうと思います。

 

実は私、去年アナウンススクールに通ってて

そこで嫌な思いをしました。

まずそれから書いていきます。

 

レッスンが終わった後

男女混合のグループ(7人くらい)でご飯を食べに行きました。

 

その時に裕福で美人で色白の、

私がほしいものを何でも持ってる女の子が

私に恋人の有無を訪ね、私がいると答えると

「意外」と言いました。

 

ひどく侮辱されたようで悔しく

何食わぬ顔で本当に意外〜と言われたことが

今でもとてもつらく思い出されます。

 

その場にいた他の人が失礼じゃないの〜

って言って場が何だか気まずくなったから

私は気にしてないと言ったけど

めちゃくちゃ死にたかった。

 

ああこの子は、今まで何を言っても

恵まれた部分で許されてきたんだな

と私の嫌な部分が言いました。

 

これが私のきっかけかもしれない

ここから3ヶ月で体重を6キロ落とした。

悔しかったから。

 

可愛い女になれば

私も馬鹿にされなくて済む?と思った。

 

 

可愛いって何

じゃあ具体的に可愛いって何だよ

って思った。

 

人は見た目じゃなくて中身

みたいなことばっか言ってる人がいっぱいいるけど、本当にそうなの?

じゃあ中身が可愛ければブスって可愛いの?

疑問だった。

 

分かりやすい例になりたいなら、

ミスコンにでも出ればいい。

でも去年の私は正直まだまだだったし

ダメだった。

 

ミスコンに出てる女のツイートとかは

夏過ぎにはいっぱい流れてくる。

 

積極的に見なくても嫌でも目に入る

私より可愛いその女の子たちの言葉は

月のように綺麗なものもあれば

泥のように汚いものもあった。

 

そこで気付いたけど、

性格がいいだけじゃダメだ。

第一印象で誰が性格を見る。

まず目に入るのは顔面とスタイルだ。

 

つまり、他人から評価され、

馬鹿にされなくて済む状態になる手っ取り早い方法は、外見を良くすることだった。

 

この気付きから私はよりストイックになり

メイクやファッションやダイエットを

今までよりもっともっとやった。

 

雑誌に載ってるメイクも片っ端から試したし

ダイエットの為に食事制限や運動もした。

美白のためにおいしくないサプリメントも飲んだ。

 

見た目に拘って何が悪い

人によっては、外見だけじゃなくて中身を良くした方がいいんじゃないの?

って私に向かって平気で言うと思う。

 

けれど、中身がいいだけじゃ見てくれないよ。

外見は中身の1番外側だから、

口下手な私はまずは外見を磨いて、

その綺麗な姿を見てほしい。

綺麗な姿を見て、「この人は優しそう」と思ってほしい。

 

もちろん、性格を磨くのも大事。

でも私は、別に自分の性格が悪いとは思っていません。物事ははっきり言うし、公正公平を心がけてる。

人によっては、協調性がないって言うかもしれないけど、協調して他人の悪口を言うことよりはいいと思うの。

 

でも人は、悲しいかな外見を1番に見る。

それは事実だし「自分は違う」と言う人でも、

ボロボロの服を着て、髪はボサボサで、顔は汚れている人に偏見なしで接することはできますか。

 

メモ書きになってしまったけど

私が外見を磨こうとするのは、1つにはこういう理由があります。

 

人は外見で判断されるから。

よりいい人に見られるために、私はいい見た目でありたい。

もちろんファッションを楽しみ、自分を愛するためでもあるけどね。

 

おわりです。

 

ズルをしたことがない

独白

私は境遇は悪かったが、それ以外は比較的恵まれていた。

 

地頭も容姿も元々不可もさほどなく、努力で補えるところは補ってきたつもりだ。

 

特に勉強は努力による要因もそこそこある。

小学校低学年の頃は落ちこぼれをしていたものだ。

 

私は不可があったわけではなかったが

その頃から、算数を始めが苦手なのと、鼻が少し上を向いているのと唇の色が青いことが気になっていたので、なんとか見れるように整えてきたつもりだ。

 

なのに何度か後ろ指を指されたし嫌がらせを受けた。私の何が悪かったんだろうか。

 

小学校に入ってすぐ、初めていじめられた。

幼稚な、苗字いじりで解決後は

「君のことが気になったから」なんて言われた。

私は表面では笑って許したが、あの嫌な日々は十分幼い私の心を歪めたし、そんなわけない、信じてない。その後何人かには告白をされたがあれは嘘だと思う。何も信じてない。

そもそもこのいじめで最低だったのは私を救うべき担任が私のことを嫌いでいじめの提言を無視したことだ。

母親が仲裁に入った。

 

いじめが解決したあとの記憶では

クラスの人気者!って感じの女子とすごく仲が良くなって良く一緒にいた。

この子と仲良くしてるという嫉妬で仲間外しにされたことがあるけど、この女の子はすごく良い子だったので、それでも私は一緒にいた。

 

目立つ子にいきなり気に入られてプレゼントをもらって、いきなり絶交!と言われたのは今でもわけがわからない。

 

高学年になって私は普通にクラスの人気者に近い立ち位置だったし、別に嫌われてなかった。1人になった子に積極的に話しかけに行くタイプだった。ある日、地味な女の子が私の好きな人に「みーるちゃんが君のことが好きだって」と勝手にいって勝手に振られた。

 

人生馬鹿みたいだなと思った。

周りの友達はその子に仕返しをしたいとまで言い出すくらい優しかった。

 

私は結局、1年生の時に私をいじめてきた男の子たちのことが嫌いだったから、県外の中学校に入学した。

 

そこは中高一貫で中学校の成績によって高校のクラス分けをする学校だった。

中学校は嫌がらせをされたこともあるけど、比較的平和だった。死ねって書いた紙が友達(ギャル)と私の靴箱や机に入ってたり色々あったが、そのギャルがとても明るくて「うけるw」ってタイプだったから全然気にしなかった。

 

でもその全然気にしない態度がおかしい、おまえが犯人なんじゃないか。と担任に言われた。

死にたいと思った。日に数時間説教されたがもちろん私は何もしてない。なんで死ねと書いた紙を自分の靴箱に入れるわけがあるんだ。

それならラブレターでも入れるわ…

 

誤解が解けると(母親が仲裁した)

何事もなかった風に「ごめんな」で済まされた馬鹿だ馬鹿だ馬鹿だ。

なんでこんな仕打ちにあったのか今でもわからない。

 

その後、高校に上がって特進クラスになった。

中学で仲良くしてた友達はみんな1つ下の進学クラスだった。

 

進学クラスの友達に「みーるちゃんはやらなくてもできるからいいよね」以上の嫌味をいっぱい言われた。

 

私は中2の頃サボりまくってて、成績なんか中の下くらいだったし、それから心を入れ替えて勉強した結果順位を20位くらいあげたのに(全体は90くらい)なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろうと思ったけど、もうなんかいっかとなって流した。

 

高校に上がってまた落ちぶれた。

特進クラス内で最下位近かった。中学な時謎に私のことを気に入ってきてベタベタしてきてた特進クラスの金持ちの女の子が「努力もしないでいるの目障り」と言ってきた。

 

なんとなくクラスに馴染めなくて、その女の子の周りの人間たちに無視される日々が続いて、テスト中に泣いたこともある。

 

人間は弱いものだと思う。

自分のことだけでいいはずなのに、こうやって他人を悪く言いたがる。

 

大学に入ってホッとした。

あんまり こういう人がいないから。

それでも1年生の時に仲良くしてた(?)というか普通に接してた男の子がブスだのなんだの言ってきたときは意味がわからなかったけど。

 

3年生の時だったかな、辞めたサークルの同期にたまたま会って、お互いFFだった時に姫だの男はべらせとるだの言われた時も意味わからなかったけど。あの時はチキンの童貞って返した自分も自分だし、ブロックってツールがあるのは良かったね。

 

サークルを辞めた1番の理由は女の子がいなくて寂しかったからだった。辞めたサークルのこと悪くいうつもりもない。楽しかったし。

 

(話変わるけど)

大学入って、全く知らないところでドブスとかビッチって言われてたのも今になってはどうでもいいし。そもそも私悪くないし知らない。

 

今もどこかで悪く言われてるかなと思うこともあるけど、私は別に今まで悪いことしたと思ってないし、何が悪かったのかもよくわからないし、仮になんか悪いところあるならそういうネガティヴな行動起こす前に言ってくれれば良かったのに。

 

大学の担任は理不尽なことで怒られたし、今思えば私の顔面が反抗的とかそういうことなんだろうね、そういう他人のことが気になる人いっぱいいるよね、見苦しい。

 

ちなみに理不尽なことっていうのは、ほかの教授が作った資料を持ってって「お前が悪い」、とか「承認しない」とかメールの件名つけてるのに「件名つけてない常識ない社会出てやってけない」みたいな感じのことだったよ。アカハラだね、訴えれば良かった。

 

ま、実際社会不適合っぽいし担任の言ってたことも当たってるかな笑

 

【実家とかのこと】

貧乏(学費は全額免除してる)

母さんとは仲が良いけど、怒る時に「パパに似て本当に頭おかしい」って言われるのが嫌

パパはギャンブルとタバコが好き、やめない

関係は気付いた時には冷めてた

弟は母さんの財布から金を盗んだことがある

 

私は1番孫だから祖父母(片方だけ・母方)に可愛がられてる、生活は厳しくない

祖父が私の大学生活のために定年後も働いてくれると言ったけど、祖父の兄姉が「老人にする仕打ちじゃない」と辞めさせた、仕送り月に5万円もらってるけど、辞める代わりに祖父の兄姉が渡したのは100万程度だった

働かないからかボケてきたと母と祖母は言う

 

祖父母には感謝してるし、自分が、こんな風になってしまって申し訳ない

 

独白終わり。全部ではないけど。

思い出せることだけ。

 

中2の時不審者に抱きつかれたことがある(というか口を始め身体を押さえつけられた)

これもあって人間がちょっと無理で、この前動画で言ったように所属が明らかでない人の応対ができない(公共放送とか国民調査は所属名乗って欲しい)(出られないから)

 

 

 

 

 

【終わりに】

人間はくだらない、私は薔薇になりたかった

私は人生半分諦めてるけど、ここまで読んでくれた皆さん私のこと好きでも嫌いでも理解しようと思ってくれてありがとう

 

終わります

 

 

 

 

 

好きな薔薇は「熱情」です

 

来世は

決意

これは決意なんですけど

 これは決意なんですけど

 だから長々とは書かないんですけど

 

 もう夢以外のことで疲弊するのを辞めました

 

 具体的に言うと倍率何百倍の、夢以外にエントリーすることを辞めました

 親にも話は通しています

 

 その上でもう疲れること辞めました

 もし全部がダメで何にもなれなかったらその後は家庭教師でもやって

 借りたお金だけ返そうと思います

 

 親もそれがいいと納得してくれました

 もう、ない志望動機をあるように言って

 ない交通費をあるように使うのは辞めました

 

 志望企業なら話せること

 志望企業なら出せる交通費でした

 

 

 

 

 

 頑張ります、最前列で 見てて

上手くいかない人生と何も出来ない自分の話

生きること

生きることは苦しくて、毎日私は死んでない、で日々を見送っています

 

本当に申し訳ないんだけど、マジで人生が終わればいいと思っているし

でも死ぬのは怖いので緩やかな自殺をしているような感じです

 

申し訳ないことに、私はTwitterをコミュニケーションツールではなく

独り言ツールとして使ってるので、めちゃくちゃ愚痴っぽいし

 

基本的に誰によく見てもらおうとか

リアルでのつながりとかを全く意識していません

 

なので、無理って思った人は離れるし

イタイって思った人も離れます、それでいいと思います

 

めんどくさいなと思ったのは

大学の人と繋がってるアカウントなので

リアルでもそのノリをやらなきゃいけないことです

 

好意的な人ならいいんですが

私のことを嫌ってる人の対応、一時期疲れてました

そんなの必要ないのにね

 

前置きが長くなった

 

私はマジで自己嫌悪の塊で、自分なんて本気で、生まれてこなければ

と、よく思っています、でSNSでも言います

 

それを見たフォロワーがこれもまた、よく

「頑張って」「死なないで」「尊敬してる」

みたいな優しい言葉を送ってくれます

 

これ冗談抜きでありがたくて

生きてていいのかな、もしかしたら生きてていいのかも

と思わせてくれます

 

この言葉たちのおかげで今日も何とか生きられてます

ありがとうございます

 

上手くいかない人生と何も出来ない自分の話

私は、正直いって何も出来ない人間です

長所も何もないです

 

ATで6回も延長してしまったし、車好きには「乗るな」と言われそう

作動性がすごく低くて、人ができることがとても苦手です

 

ストレスの影響ももろに受けるタイプなので

何か嫌なことがあったらベッドから動けなくて

 

ただ泣いてるだけで一日が終わります

 

顏もきつい方なのですぐに物事を勘違いされます

きつい顔は悪役になりやすいから

 

こんな自分が死ぬほど、いや死にたいほど嫌いなんですが

 

この何にもできない自分のおかげで

優しい人に多く出会えたなとも思います

 

さっきも書いたけど、個別に書きたいので

 

同級生たちは

何かあると相談に乗ってくれ、本気で将来を心配してくれます

困って泣いている私に手を差し伸べてくれるのが

私はとっても好きだし恵まれてるなと思います

 

先輩たちは

主にSNSばかりなんですが

黙って見守ってくれたり、たまに頑張れと言ってくれるので

これまた好きです

 

後輩たちは

SNSを見ては心配し、リアルでは何もなかった風に接してくれます

相談を持ち掛けてくることもあり、頼られるのがとても嬉しく

相談にのる私の方が実は救われてます、もちろん好きです

 

私は、こういった優しい人たちに支えられて

本当に文字通り生かされてます

 

ありがとうございます

これからも仲良くしてくれたら嬉しいです

 

 

 

 

なんか恥ずかしいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり